神社信仰をかつてしとった者が、今や九字打ちして浄化する側に。知ることで、変わる考え方。

仲間内で、かつて特有の神社信仰をしとった者がおった。

参拝者の欲のエネルギーで、悪霊しかおらんことを言うとショックを受けてしばらく立ち直れんかった。

神社の神様が神社を通してエネルギーを与えて下さり、それで生きておれるとか言うとった。

信仰しとる神社の波動をやってみると、どれもメチャメチャ。

神様なんかおろうはずもない。

水天宮.jpg太宰府天満宮.jpg

しかし、日本は古来から人々が自然に神社参りする習慣がある。

習慣それ自体は悪くないんじゃけど、そのことで受けるええもんはほとんどない。

神社参りすることは、ある意味一つの信仰の形を示しとる。

何もわからん人にとっては、神社いう祈る場所があってこそ信仰についてこうすればいうのがわかるよすがになる。

しかし、正しくは本人の守護指導霊に祈ってお願いするのがスジなんよ。

それに関して、彼らが応えてくれるいうことになる。

しかし、然るべき場所がないとダメな人がおるんで、その方便としてそういう場があるんよ。

神社の鳥居もくぐれんバカもおるとか言う人もおりますが、それはそれで正しいことであり、全く信仰心を持たん者には適正な叱責なんよ。

しかし、もう一段上に立ってみると、下手な神頼みをすることでそれもまた違う弊害になるのも事実なんよ。

悪霊磁場となっとるとこに行くべきではなく、行くのであればそれを浄化してからにすべきなんよ。

巨大なパワーで九字を打てば悪霊磁場が破壊されるんでええんじゃけど、それができん一般の人は特に霊体質の人ほど行くべきではないんよ。

本来聖なる場所であるとこを九字打ちで浄化すれば、そこはそれなりのイヤシロチになるんで望ましいんよね。

そういうことで、かつて特有の神社信仰をしとった者が九字打ちに動き始めたんよ。

ええことじゃのう。

全員が全員守護指導霊と同通してそういう方向から神仏につながればええんじゃけど、なかなかそうもいかんけえ神社がある。

そこを浄化して本来のあり方に戻せば、まともに機能するようになる。

信仰は大事なんじゃけど、波動のパワーを獲得するまでは神社仏閣はあんまり行くべきではないとこ。

そういう相反する法則のもと、まこと切ない状況にあった。

波動強化人間が増えて、みんなして手分けして九字打ちにかかれれば、だいぶ環境も変わるじゃろう。

イメージ 1イメージ 2

この記事へのコメント